書籍紹介「世界一ラクな『がん治療』」近藤誠・萬田緑平の医師対談

世界一ラクな「がん治療」
近藤誠・萬田緑平の医師対談

「人生の最終章が人生でもっとも幸せな時間になるように」をテーマに両医師による対談での主なアドヴァイスは以下の通りです。

(1)がんは本来、亡くなるまで歩いたり話したりできる病気
むやみに臓器を切り取ったり、抗がん剤を打ったり、点滴をするから、やせ細って苦しみ抜いて、死ななければならなくなる。

(2)笑ってピースして旅立つ、在宅のがん患者さんたち
がんを治そうとする治療はいっさいしない。「治療をあきらめるのではなく、治療をやめて最後まで自宅で自分らしく生き抜く」

(3)「がん放置療法」は「全部ほっておけ」療法?そんなバカな
胃がん、大腸がん、乳がんのようなカタマリをつくる固形がんは、なるべく手を加えず、痛みや苦しみのケアをきちんとした方がラクに長生きできる。

(4)ピンピンしているのに「がん」と診断された、忘れなさい
自覚症状がないのにがんと診断された患者さんは①診断を忘れる ②検査を受けない ③医師に近づかない こと。

(5)「入院したくない」は、つらい延命治療をされるかどうかの大関門
検査で病気を見つけられたお年寄りが「入院したくない」はダダをこねているのではなく「認知症にしないでくれ」という叫びです。

(6)医療法麻薬で痛みを抑えて旅行やゴルフを楽しむ
「痛み」と「呼吸苦」はモルヒネなどの医療用麻薬を正しく使えば、中毒になったり命を縮めることのない、むしろ残された命を有効に使うためのすばらしい薬です。

(7)最後までオムツ生活にならない方法、教えます
筋肉でも脳でも使わないとすぐ衰えるから、タンスにしがみついてでも、這ってでも、とにかく自力で行けばオムツ生活にはならない。

「いい治療」より「ツラくない方法」でがんでもラクに長生き!!

2017年6月14日 11:49  カテゴリー:書籍紹介

書籍紹介「視力を失わない生き方」深作秀春 著 

視力を失わない生き方
深作秀春 著 ISBN978-4-334-03959-2

日本人は、日本の医療は先進国でもトップレベルだと信じているかもしれませんが、こと眼科手術医療に関して言えば、世界トップレベルからみると圧倒的に遅れ、むしろ低レベルと言ってよい。

日本には、優秀な「眼科外科医」が極端に少なく、手術技術が高い、できる眼科外科医は著者の見るところ10人程度しかいない。今や人間の寿命は90歳近くになろうとしています。しかし、むき出しの臓器である眼は外傷などの外からの力に極端に弱く、さらに歳を重ねるにつれ必ず眼の疾患にかかります。

まず、白内障は年齢に%をつけた発生率で、ほとんどの高齢者がかかります。60代で60%、70代で70%、80代で80%の人がかかります。緑内障も、40代あたりから発症しはじめ、70歳以上では20%、80歳以上ではなんと90%がかかる、失明の原因となる疾患です。また、網膜剥離は、激しい運動をするようになる10歳頃から増加しはじめ、老化現象で50歳以降にも増加し、失明につながっています。さらに、最近よく話題にされる加齢黄斑変性は先進国での失明の原因の第1位です。

他にも、加齢や環境が原因となる眼の病気はいくつもあります。また、眼の病気は全身の疾患の表れでもあり、糖尿病や高血圧、膠原病、アトピー性皮膚炎や、日常生活の中でおこる眼外傷などと関連してよく起こります。

ところが、白内障をはじめ、網膜剥離、また日本では治療ができないと信じられている緑内障も加齢黄斑変性も、早期であれば手術で治せることがまったく知られていません。世界レベルの眼科手術を施行すれば、ほとんどの病気を治すことができます。

海外で修行を積み数々の治療法を開発、海外の眼科学会で最高賞を20回も受賞している眼科界のゴットハンドが語る、日本の眼科の真実。眼に関する日本の非常識、時代遅れを斬る!

併せて最善の治療法を解説。

2017年6月1日 8:53  カテゴリー:書籍紹介

書籍紹介「あなたのこども、そのままだと近視になります」坪田一男 著

あなたのこども、そのままだと近視になります。
坪田一男 著 ISBN978-4-7993-2041-9

近年、世界中で爆発的に近視の人が増えています。特にその勢いが顕著なの60年代以降、が日本をはじめとした東アジアの国々(香港、台湾、シンガポール、韓国)です。さらに、ここのところアメリカでも近視の人が増え始めています。問題は、数が増えているだけではありません。これまで近視は子どものうちになるもので、成長とともに徐々に悪くなったとしても大人になると、それ以上近視は進まないものだとされてきました。

実際、多くの人は大人になると近視が止まるのですが、最近では大人になっても近視の進行が止まらない人が増えています。強度近視が恐ろしいのは、その他の目の病気(緑内障、網膜剥離、白内障)に進行する可能性がとても高く、最終的に失明する人も少なくありません。

そんな中、すべての研究者が近視の要因として唯一認めているのが「屋外で遊ぶ時間」の影響です。しかし、どうして外で遊ぶことで近視を防ぐことができるのか、そのメカニズムは明らかになっていないので目安となる時間を算出することができません。

近視の原因としては、水晶体によるもの(屈折性近視)と眼軸と呼ばれる目の長さによるもの(軸性近視)の2種類があります。しかし、屈折性近視は一時的なものなので、問題なのは、後者の眼軸長(角膜から網膜までの長さ)が長くなるために起こる近視です。

本来だと、身体の成長が止まれば眼軸長の伸びも止まるはずです。大人になっても眼軸長が伸び続けるのは、紫外線と可視光の中間にあたる波長(380nm)の「バイオレットライト(紫光)」が大きく影響していることが判明しました。地上に降り注ぐ太陽光には380nmの光も含まれていますが、蛍光灯や人工的な光の主流であるLEDにはまったく含まれず、またUVカットガラス(400nm以下をカット)は、この光を通過させませんので外で遊んでもメガネをかけていると目の中にこの光は入ってきません。

そこで、著者はこの事実にもとづき「近視は予防できない」という通説を覆し、近視にさせない、進ませないための具体策を紹介しています。

世界初の発見!近視の常識を覆す!!

2017年5月25日 8:44  カテゴリー:書籍紹介

RSS

RSSフィードRSS

糖鎖サプリメント「ダイナトーサ」は下記の方法で、ご購入いただけます。

ホームページでご注文(24時間受付)
ご注文手続きへ進む
お電話でご注文(平日9時~18時まで受付)

※携帯電話・PHSからは 03-3523-5941

FAXでご注文(24時間受付)
FAXご注文用紙はこちら

FAXに「お名前」「お届け先」「注文個数」「支払方法」を記載の上FAXをお願いいたいます。

FAX注文の場合、PDFファイルが開きます。PDFとは?

電子文書を迅速・安全・確実にやり取りするための標準フォーマットです。通常のメーカ製パソコンではインストール済みかと思います。
インストールがお済みでない場合、利用(閲覧/印刷など)するには無償で利用できる Adobe Reader が必要になります。
Adobe Reader ダウンロードはこちらから(無料)

>>このページのトップへ