書籍紹介「百歳まで歩く」 田中尚喜 著

百歳まで歩く
田中尚喜 著 ISBN 978-4-344-41045-9

筋肉は大きく①内蔵を動かす平滑筋②心臓を形成し収縮運動で心臓を動かす心筋③関節を動かす骨格筋の3種類に分けられます。このうち①の平滑筋と②の心筋は自律神経やホルモンによってコントロールされているので、意識的に動かすことはできません。自分の意思で自由に動かすことができる筋肉は③の骨格筋だけなので、通常「筋肉」や「筋力」というときには、骨格筋だけを指しています。

さて、この骨格筋である筋肉は、およそ全身に約400個もあるといわれています。筋肉の数は男女とも同じで、違うのは筋肉の太さで、おおよそ、男性は体重の約2分の1、女性は体重の約3分の1が筋肉だとされています。

通常、筋肉は性質により瞬発力のある「速筋」(白筋)と持久力がある「遅筋」(赤筋)に分けられています。速筋は、非常に素早く収縮することができる太くて大きな筋肉で疲れやすく、反対に遅筋はゆっくり収縮する小さな筋肉で、筋肉痛を起こしにくく、疲れにくい特徴があります。そして「座る、立つ、歩く」といって日常動作に必要な筋肉は、速筋よりも遅筋が中心になります。そこで、本書では中高年以降から遅筋の筋力を維持するための筋肉習慣に焦点を絞っています。具体的な内容は以下の通りです。

(1)中年以降の筋肉づくりに必要な“毎日続ける”基本の筋肉向上トレーニング
(2)筋力低下が原因で起きる各症状の改善トレーニング
(3)腰痛・膝痛に限定した再発予防トレーニング
(4)姿勢や歩き方を変えるトレーニング・・・

常日ごろの歩き方や椅子の座り方を変えるだけでも長寿体質の筋肉は作られる。筋肉がつけば基礎代謝がよくなりダイエット効果も期待大!!

2017年10月19日 8:44  カテゴリー:書籍紹介

書籍紹介 「下がらないカラダ」 小野 咲 著

下がらないカラダ
小野 咲 著 ISBN978-4-7631-3618ー3

年をとると、体のさまざまなパーツが、なぜ下がってきたり、痩せにくかったりするのでしょうか。それはズバリ「腸の位置」が原因。著者は幼いころから超ド級の便秘とあらゆるダイエット法を試しても痩せずに悩んでいましたが「頑張っても痩せない原因は腸の位置にあった」「うんちが出づらいのも、腸の位置が下がっていたから」という事実を知って、強い衝撃を受けた。

そもそも、腸はブランコのように腸を支える筋肉で両端しか固定されていないので、他の臓器よりも重力の影響を受けやすくできています。では、なぜ腸の位置が下がってしまうのでしょうか?まず「便秘などでたまった便の重さ」さらには「加齢による筋力のおとろえ」も大きな原因です。

本書は、そんな下がり腸を解消するために開発した「腸の位置を戻す腸ストレッチ」と「腸を下げない生活習慣」をお伝えします。しかも、一日わずか15秒「ド集中」するだけで2週間マジメに腸ストレッチを続ければ、腸は本来あるべき位置へと近づき、あなたのボディは「痩せ上がる」ことでしょう。腸が下がると他の臓器も引きずって、全身に「たれ」を招き、腸の働きが悪くなるばかりか、腸の後ろを通る大きな血管が圧迫され(1)血流が悪くなる (2)代謝も悪くなる (3)むくみが生じる (4)冷える (5)老廃物がたまる (6)当然ながら便もたまる!

具体的なストレッチは腸を引き上げてうんちを出しやすい状態にし、体重を落とすことをメイン目的とする「基本の腸ストレッチ」と腸を引き上げつつ、さらに特定の部位(ex.お尻、胸、背中の肉、ぽっこりおなか)に下がらない&引き締め効果をより強く与えるのが目的の「部位別腸ストレッチ」があり、判りやすく図解入りで説明されています。

一日15秒で痩せる・引き締まる・体が上向くなど成功者が続々のメソッド!

2017年10月5日 8:41  カテゴリー:書籍紹介

書籍紹介「アルツハイマー病は【脳の糖尿病】」 鬼頭昭三・新郷明子 共著

アルツハイマー病は「脳の糖尿病」
鬼頭昭三・新郷明子 共著 ISBN978-4-06-502025-8

これからの日本人にとって、きわめて深刻な問題となっていくことが確実な、二つの病気があります。

一つは、アルツハイマー病(認知症の半分以上)です。健康保険で適用が認められている薬は、いま現在4種類あるものの、そのいずれも対症療法に留まっており、病気の進行を止めるものではありません。つまりアルツハイマー病には、現段階では根本的治療法はないので介護などの手段を通して、病気と“つきあって”いくほかはないという現状があります。

さて、もう一つの病気は「糖尿病Ⅱ型」です。糖尿病は、いまや日本人の国民病です。

実は、著者らの臨床的な研究や基礎的研究によって、この二つの病気の根本的原因が同じであることが浮かび上がってきたのです。糖尿病の主役は、ランゲルハンス島の中のβ細胞から分泌されているインスリンというホルモンです。アルツハイマー病で最も早期に強く冒され、病変の場の主役となるのは脳の海馬の神経細胞ですが、この海馬の中でも、膵臓と同じようにインスリンがつくられています。

ところで、健康な状態では、膵臓でつくられたインスリンは、血液脳関門を通過して、脳で作用を発揮します。ところが、インスリン抵抗性の状態では、インスリンは血液脳関門を越えて脳の中に入り込むことが難しく、記憶物質として働くことができません。これが糖尿病の人がアルツハイマー病になりやすいことの原因の一つです。また、糖尿病になると、インスリン抵抗性による高インスリン血症の状態なので、インスリン分解酵素がインスリン分解のために大量に消費され、脳内のアミロイドβタンパク質の分解ができなくなり、アルツハイマー病の発症に拍車をかけることになります。

アルツハイマー病の元凶は糖尿病と同様「インスリン抵抗性」だった!!

2017年9月21日 8:42  カテゴリー:書籍紹介

RSS

RSSフィードRSS

糖鎖サプリメント「ダイナトーサ」は下記の方法で、ご購入いただけます。

ホームページでご注文(24時間受付)
ご注文手続きへ進む
お電話でご注文(平日9時~18時まで受付)

※携帯電話・PHSからは 03-3523-5941

FAXでご注文(24時間受付)
FAXご注文用紙はこちら

FAXに「お名前」「お届け先」「注文個数」「支払方法」を記載の上FAXをお願いいたいます。

FAX注文の場合、PDFファイルが開きます。PDFとは?

電子文書を迅速・安全・確実にやり取りするための標準フォーマットです。通常のメーカ製パソコンではインストール済みかと思います。
インストールがお済みでない場合、利用(閲覧/印刷など)するには無償で利用できる Adobe Reader が必要になります。
Adobe Reader ダウンロードはこちらから(無料)

>>このページのトップへ