書籍紹介「病院に行かない生き方」池田清彦 著 

書籍紹介「病院に行かない生き方」
池田清彦 著 ISBN978-4-569-85163-1

医療の進歩によって、かつては不治の病といわれたものも治る様になった。著者が子どもの頃は、白血病と診断されたらまず助からなかった。今は、抗がん剤や骨髄移植によって、命が助かる人も多くなった。しかし、老化に伴う体の不調は治療をすれば治るといったものではない。老化は高等動物の個体の宿命で、現在の科学技術ではこれを防ぐ事は不可能だし、将来可能になるとも思えない。しかし、若い時に病気になって治療をして治ったという成功体験をもつ多くの人は、今の不調も医者に行けば治ると思う事が多いらしく、コロナ禍の前までは、内科や整形外科の病院の待合室は高齢者でいっぱいだった。

あるいは、毎年健康診断を受けて、自分の体をチェックしておけば早期発見・早期治療が可能だと、律儀に定期健診を受ける人も多い。欧米では、自社の従業員に健康診断を受けさせる事を、企業に義務づけてはいない。これは、健康診断を受けても受けなくても死亡率に差がないデータがあるからだと思う。

健康診断では“平均値”が用いられるが、「平均から外れている」こと自体は、統計上の「客観的事実」だが、健康か病気かの絶対的な基準なんてものは存在しない。その方面の権威とされる団体(学会など)が「この辺から先は病気って事にしよう」と恣意的に決めたものを「基準」という事にしているだけである。人間ドックで全ての項目が異常なしである人の割合は、つまり、全てが「正常」な人は20人に1人くらいしか存在しません。

一方、野生動物は、病院にも行かなければ、薬も飲まないけれど、けっこう健康で暮らしていけるのは、自分の体の声を聞いて、無理な事はしないからだ。自分の体の専門家は、他でもない自分なのだという事を肝に銘じて生きていけば、老後はバラ色とは言えないまでも、それほど悲惨にもならないと思う。

死ぬまで自分らしく生きる!!

2022年9月15日 8:45  カテゴリー:書籍紹介

書籍紹介「生物はなぜ死ぬのか」小林武彦 著

書籍紹介「生物はなぜ死ぬのか」
小林武彦 著 ISBN978-4-06-523217-0

加齢による肉体や心の変化は、やむを得ない事だとわかっていても、ポジティブに捉える事はなかなか難しいものです。老化は死へ一歩ずつ近づいてるサインであり、私たちにとって「死」は、絶対的な恐れるべきものとして存在しています。

そこで、こんな疑問が頭をよぎります。なぜ、私たちは死ななければならないのでしょうか?生物は、激しく変化する環境の中で存在し続けられる「もの」として、誕生し進化してきました。その生き残りの仕組みは、進化、つまり「変化と選択」です。変化は文字通り、変わりやすい事、つまり多様性を確保するように、プログラムされた「もの」である事です。その性質のおかげで、現在の私たちも含めた多種多様な生物にたどり着いたわけです。生き物が生まれるのは偶然ですが、死ぬのは必然なのです。壊れないと次ができません。これはまさに「ターンオーバー」(生まれ変わり)そのものです。

つまり、死は生命の連続性を維持する原動力なのです。「死」は絶対的な悪の存在ではなく、全生物にとって必要なものです。生物はミラクルが重なってこの地球に誕生し、多様化し、絶滅を繰り返して選択され、進化を遂げてきました。その流れの中でこの世に偶然にして生まれてきた私たちは、その奇跡的な命を次の世代へと繋ぐために死ぬのです。命のたすきを次に委ねて「利他的に死ぬ」というわけです。生きている間に子孫を残したか否かは関係ありません。生物の長い歴史を振り返れば、子を残さずに一生を終えた生物も数えきれないほど存在しています。地球全体で見れば、全ての生物は、ターンオーバーし、生と死が繰り返されて進化し続けています。生まれてきた以上、私たちは次の世代のために死ななければならないのです。

そして、最も重要な事は、その生-死を繰り返す事のできる舞台となる地球を、自らの手で壊す事がないように守っていく事です。そうすれば、また形を変えて生き物は再生する事ができます。

現代人を救う“新たな死生観”!!

2022年9月1日 8:41  カテゴリー:書籍紹介

書籍紹介「子どもが心配」養老孟司 著

書籍紹介「子どもが心配」
養老孟司 著 ISBN978-4-569-85139-6

「子どもは本来『自然』に近い存在である」と考える解剖学者が、都市化が進んだ現代の子どもが幸せになる教育について、四人の識者と真摯に語り合う。

・宮口幸治氏
医療少年院で非行少年の認知能力の低さに愕然とし、子どもの認知能力の向上に努める。
・高橋孝雄氏
インターネットで「正しい育児法」を追いかける親を心配する。
・小泉英明氏
国産初の超電導MRIを開発し、子どもの脳の大規模研究を行う。
・高橋和也氏
生徒が自分で野菜を育て、机や椅子も作る自由学園学園長。

(1)宮口幸治氏
学校がおもしろくなくなって、不登校になったり、他人とコミュニケーションをとる事を避けると、感情統制を行う力、融通を利かせる力、対人スキルが育つ機会が失われ、自己評価も歪む。だから、認知能力が弱い子に対しては、まず学力支援を行う事が最も重要となる。

(2)高橋孝雄氏
ネットの過剰利用の弊害は大きく「無言化」「孤立化」「実体験の減少」の三点で、なかでも「実体験の減少」は特に危惧すべき現象です。共感力を育てつつ「いま」の喜びを体験できず、幸福が先送りされる子育ては危険。

(3)小泉英明氏
神経回路が発達する一歳くらいまでの期間に子どもに様々な物に手で触れさせたり、褒めて育てる事が大切です。

(4)高橋和也氏
「自分の事は自分でする」習慣が身につく生活が大切。自分の体を動かして自分たちの生活をつくる。そして、自分の頭で考える人を育てる。

デジタル世代を幸せにする教育論!!

2022年8月18日 8:47  カテゴリー:書籍紹介

RSS

RSSフィードRSS

糖鎖サプリメント「ダイナトーサ」は下記の方法で、ご購入いただけます。

ホームページでご注文(24時間受付)
ご注文手続きへ進む
お電話でご注文(平日9時~18時まで受付)

※携帯電話・PHSからは 03-3523-5941

FAXでご注文(24時間受付)
FAXご注文用紙はこちら

FAXに「お名前」「お届け先」「注文個数」「支払方法」を記載の上FAXをお願いいたいます。

FAX注文の場合、PDFファイルが開きます。PDFとは?

電子文書を迅速・安全・確実にやり取りするための標準フォーマットです。通常のメーカ製パソコンではインストール済みかと思います。
インストールがお済みでない場合、利用(閲覧/印刷など)するには無償で利用できる Adobe Reader が必要になります。
Adobe Reader ダウンロードはこちらから(無料)

>>このページのトップへ