書籍紹介「医者の本音」 中山祐次郎 著

医者の本音
中山祐次郎 著 ISBN978-4-7973-9687-4

著者は、正直なところ、本書を書くかどうか、かなり悩みました。業界内部にて、業界のことを本音として書くことに意味があるのか。ただの暴露にしかならないのではないか。そして、著者が本書を書いた後、医者を続けられるのか。本屋さんには、医者が本音を綴った本はいくつかありますが、みな引退したか引退寸前の大先輩医師が書いたものばかり。現役で、これから数十年を見据える若手医師の書いたものはありません。ですから現役の若い医者が頭の中をさらけだし、答えにくい質問に答える。そこにはひとしずくの真実が含まれ、有用なものになるのではないかと思い著者は「書こう」と決めました。

繰り返しますが、この本は医療業界の暴露本ではありません。その代わり「お医者さんに面と向かって聞いては失礼になるのでは?」という以下のような質問には包み隠さず答えています。

(1)なぜ、医者の態度はいつも冷たいのか?
(2)患者さんの「薬を減らしたい」をどう思うか?
(3)「様子を見ましょう」の裏で何を考えているのか?
(4)「余命3ヶ月から奇跡の生還」をどう見ているのか?
(5)「ソデの下」は渡したほうがいいのか?
(6)がんの「民間療法」はこっそりやるべきか?
     ・
     ・
     ・

上記以外にも「医者の出す薬が多い理由」や「がん告知で必ずしてほしい3つの質問」など、今まさに病院に通われている人に有用な内容も盛り込まれています。さらに、若手医師へのメッセージもたくさん込められています。

「ここまで書いていいの?」現役の医師が勇気をもって明かす!
驚くべき本心に迫る!!
 

2018年12月6日 8:46  カテゴリー:書籍紹介

書籍紹介「最高の死に方と最悪の死に方」 近藤誠 著

最高の死に方と最悪の死に方
近藤誠 著 ISBN978-4-8002-8616-1

人生100年と言われはじめた今、多くの人が恐れていること。それは「苦痛死」です。痛くてのたうち回るのでは。チューブにつながれて動けないのでは。長く生きれば生きるほど、死の恐怖や苦痛も増すのでは。いったいどうしたら、安らかに自然に逝けるのか…。

本書は超長寿時代の「最高の死に方」を医療面から探る、死に方ガイドです。ただし、亡くなる直前の場面だけを語るのではありません。〈いま元気な人たちが、どう暮らしていったら最高の死に方ができるか〉を考える本です。

近年、安楽死が話題になっていますが「肉体的苦痛」による従来型の安楽死の意義は今日、薄れつつあります。痛みや呼吸苦をラクにする、緩和ケアの進歩がめざましいからです。いま先進国で検討が迫られているのは「精神的苦痛」による新しいタイプの安楽死です。

高齢化社会では、老いへの苦悩やボケへの不安も、安楽死の大きな理由になります。ただ日本では、安楽死についての法律がオランダやスイスのように手際よく整備されていくことは考えにくい。日本は何事につけ、法律化が遅いのです。ところが、精神的苦痛を理由とした“安楽死”は、すでに日本でも多々、医師によって実施されています。ただし、「安楽死」と呼ばず「鎮静(セデーション)」という名で末期がん患者さんに限られおこなわれています。

一方、脳がやられても、体さえ丈夫なら、栄養補給によって、植物状態で生き続けられます。栄養補給をしないと、患者さんは2週間程度で亡くなりますが、それでは、病院やクリニックがつぶれてしまう。なんとしても長生きしてもらわば。これが“延命至上医師”たちの本音でしょう。

従って、なるべく医療から遠ざかって暮らすことが、安全に長生きでき、ひいては、安らかな最期につながるたった一つの方法なのです。延命至上主義と薬漬けの医療に「NO」と言い続けてきた医師が書いた人生100年時代の「終活本」!

人生の最期で後悔する人が多すぎる!!

2018年11月15日 8:40  カテゴリー:書籍紹介

書籍紹介「子どもの免疫力を高める方法」 藤田紘一郎 著

子どもの免疫力を高める方法
藤田紘一郎 著 ISBN978-4-8454-5070-1

アレルギーとは、免疫力が増強したために過剰に反応して起きるものである、と思っている人もいると思うが、これは間違いである。アレルギー反応とは、寄生虫や細菌、ウィルスなどの微生物たちとつきあわなくなった人の免疫力が低下し、微生物たちの代わりにダニの死骸やスギなどの花粉に反応している状態だということなのだ。

従って、どうしたら日本の子どもたちがアトピーなどのアレルギー性疾患にかからないようになるか、その答えは簡単にわかるだろう。外で泥んこ遊びなどして、微生物とつきあうようにしよう。細菌などとつきあうことによって自然に免疫力はついてくる。そして、穀類、豆類、野菜、海藻などの食物を中心にバランスのよい食事をしよう。これらの食物を食べると、腸内細菌の「エサ」になる。これらの食物をたべると、腸内細菌の数や種類が増えて、免疫力が増強することができる。

一方、防腐剤や抗菌剤が入ったインスタント食品やコンビニ食、ファストフードなどの食品はなるべくとらないようにしましょう。

また、人間の皮膚には皮膚常在菌という病原菌を寄せ付けない細菌のバリアがあるが、体を洗うと、しばらくの間、ほとんどなくなってしまう。つまり、人間の体は洗いすぎると水分と皮脂、皮膚常在菌を失い、カサカサなドライスキンになってしまう。デリケートな子どもの皮膚はもっとたやすく荒れてしまう。ドライスキンになると皮膚が過敏になり、ほこりや紫外線、汗などの弱い刺激でも湿疹や炎症の引き金となってしまうから気をつけたい。

とにかく、生まれもった貴重な能力を曇らせないためにも自然に出よう。そして「生きる力」を身につけよう。

ゼロ歳から自然治療力を上げる遊び・食事・習慣!!

2018年11月1日 8:44  カテゴリー:書籍紹介

RSS

RSSフィードRSS

糖鎖サプリメント「ダイナトーサ」は下記の方法で、ご購入いただけます。

ホームページでご注文(24時間受付)
ご注文手続きへ進む
お電話でご注文(平日9時~18時まで受付)

※携帯電話・PHSからは 03-3523-5941

FAXでご注文(24時間受付)
FAXご注文用紙はこちら

FAXに「お名前」「お届け先」「注文個数」「支払方法」を記載の上FAXをお願いいたいます。

FAX注文の場合、PDFファイルが開きます。PDFとは?

電子文書を迅速・安全・確実にやり取りするための標準フォーマットです。通常のメーカ製パソコンではインストール済みかと思います。
インストールがお済みでない場合、利用(閲覧/印刷など)するには無償で利用できる Adobe Reader が必要になります。
Adobe Reader ダウンロードはこちらから(無料)

>>このページのトップへ